教会報「のぞみ」 巻頭言



「自己紹介と、少しだけ抱負」
四條町教会牧師 藤 秀彦

 四月に四條町教会に赴いて三ヶ月になります。あらゆる事について手探り状態から出発しましたが、少しは周りのことが見えてきたかと思えるようになりました。

 自己紹介をさせていただきます。生まれは母親の出身地である九州の熊本です。高校を卒業するまでは福岡に住んでいました。六年前に亡くなった父親は、太平洋戦争のさなかにバプテスト系の西南学院に通っていた時期があり、毎朝授業前に礼拝が行われていたことや、日曜日には結構な距離を歩いて教会の礼拝に出席していたことなどを話して聞かせてくれました。

 大学の神学部に行くことを決めたのは、高校生時代にある作家の評論を読んだことでした。将来世界との関わりを深めていくには、キリスト教の倫理観を理解することが必要だと、その人は説いたのです。私はその頃大学に進んで心理学や哲学を学んでみたいと思っていた時でした。関連する本を読んでいると聖書に登場する話も出てきます。キリスト教について知ればもっと深く学べるのではないかと思い、神学部へ進むことに決めたのです。当時教会に行ったこともないのに、良くそこまでの決心ができたものだと思います。

 家庭の経済的な事情により大学の学費を出してもらうことができなかったので、新聞社の奨学生制度があることを知って応募し、働きながら大学に通う道を選びました。学業と仕事を両立することは非常に厳しく、途中で断念する者も相当いました。私は大学院を出るまで七年近くの間、新聞販売店で配達や集金業を行ってきました。この時期に仕事で紙のさばき方や折り込み広告を手作業で組んでいく仕事を覚えました。今でも紙の資料を組む作業は得意です。意外なところで昔の経験が役立っています。

 住んでいた下宿の近くには、日本基督教団の向日町(むこうまち)教会がありました。戦前、同志社の学生が地域の子どもたちを集めて、教会学校を開いたことから始まった教会です。日曜日には向日町教会の礼拝に出席するようになり、後に洗礼を受けました。

 神学部を卒業してからは鳥取教会に赴任、当時の主任牧師は宮内常喜先生でした。鳥取教会の礼拝堂で東中国教区議長であった宮内先生から准允を受け、按手礼をうけました。早稲田教会では早稲田大学YMCAの寮で舎監を兼任、中目黒教会で初めて主任牧師、幼稚園の園長を務めることになりました。中目黒では幼稚園の園長資格をとるために、玉川大学で幼稚園教諭の免許を取得。次の甘楽教会でも幼稚園の園長を兼任し、学校法人化や認定こども園の認定を受ける仕事にも携わりました。

 神学校を卒業し牧会に出て、今年で二八年目になります。いつの間にか様々なことを経験してきましたが、その度に思うのは神様のなさることは、私たちには分からないものだということです。四條町教会への転任の話がまとまり、異動のための具体的な作業がどんどん進む中でも「私たちに何が出来るのだろうか」という不安が常にありました。けれども、行くことが決まったのだから、結果はどうなるか分からないが、神様に任せて出来るだけのことをやってみよう、と前を向いていくことにしました。これからの出会いが私たちにとってかけがえのない宝になると信じて、毎日を大切に過ごしていきたいと思っています。

もどる