教会報「のぞみ」 巻頭言



「はじめまして」
四條町教会牧師 川上 揚

今年の四月より、四條町教会の牧師、および清愛幼稚園の園長に赴任いたしました川上 揚(かわかみ よう)と申します。この間、まだお会いできていない方々も多いと思いますので、この紙面にて自己紹介をさせていただきます。

前任教会は兵庫県にあります明石教会、ここではじめて主任の牧師をさせていただき、あわせて、これもはじめてのことでしたが、附属幼稚園の園長もさせていただきました。在任期間は十三年でした。また、この明石教会に赴任した年は、一人娘を授かった年でもありました。十三年後、その娘が明石の小学校を卒業し、この春より宇都宮の中学校に入学することになりましたので、このたびの異動に関しましてはいろんな意味で節目というものを感じています。

そのような、わたしの人生においてさまざまなものが詰まった明石での生活があったものですから、そこでの経験があらゆる面で「ものさし」となっていることに気づかされているこの頃です。そして、そんな「ものさし」が自分の中にあるものだから、新しい環境に合わせていけない自分があることに気づかされもしています。

「異国の地」への転地とまではいきませんが、それなりに混迷するところがあります。そこで、思い浮かんだのが、「ベタ」かもしれませんが、アブラハムについてでした。

ヘブライ人への手紙十一章八節には「信仰によって、アブラハムは、自分が財産として受け継ぐことになる土地に出て行くように召し出されると、これに服従し、行き先も知らずに出発したのです。」と記されています。続いて、九節には「アブラハムは他国に宿るようにして約束の地に住み…幕屋に住みました」と記されています。アブラハムは、自分の住み慣れた土地を離れて、行き先も知らずに、神様から「行け」といわれた土地に出かけて行ったということです。そのときの年齢はなんと七十五歳!

アブラハムは生まれ故郷を離れ、神様に「行け」といわれた土地へと旅立った、行く先も知らされずに出発したということですが、そこは「約束の地カナン」でありました。

今日パレスチナにおけるイスラエルとアラブの人々との対立は深刻な状態が続いていますが、ユダヤの人々がパレスチナの地を自分たちの国と主張しているのが、このアブラハム以来の神様の約束によるものという信仰が根にあるといわれます。しかし、先ほどお読みしたヘブライ人への手紙によれば、「信仰によって、アブラハムは他国に宿るようにして約束の地に住み」と書かれています。アブラハムは生まれ故郷を離れ約束の地に到着した、とすれば、そこが安住の地となるのかと思いきや、その約束の地で他国に宿るように住んだということであります。また、幕屋に住んだということも書かれています。それは基礎を据えたような家を持たず、テントに住んだということです。

生まれ故郷を離れてまでして約束の地に到着したというのに、そこでアブラハムは土地を持たなかった、そのことは、妻のサラが死んだとき、埋葬する土地さえ持たず、周囲の人々に、自分はここで土地を持たぬ、よそ者として生きてきた、妻を葬る土地もない、だから、何とかしていただけないか、もちろんお金は払います、と頼んだという創世記の記述からも知らされます。アブラハムが自分の土地を持たなかったことをより鮮明に伝える話であります。

アブラハムは自分の土地を持たなかった、なぜか、それは、同じくヘブライ人への手紙によれば、「神が設計者であり建設者である堅固な土台を持つ都を待望していたから」だということです。それは天の故郷であり、その天の故郷を熱望しつつ、地上においては仮住まいの者であった、それは、神様が呼ばれるとき、その呼びかけにすぐ応えられるような身軽さを保っていたということではないか、天の故郷の住人とされるまでは、この神様の呼びかけに応える旅人としてアブラハムは生涯を送ったということではないかと思うのであります。

わたしの旅もまだ始まったばかり、それもまだ四十六歳。神様の呼びかけに応えられる身軽さをもちつつ歩んでいきたいと思うこの頃です。

もどる